いとをかし

みつけた「をかし」=「興味深い」モノを書き留める個人ブログ。自称・鉛筆彫刻家

ガジェット ゲーム

【PS2 to HDMI】PC用ディスプレイに繋いでPS2を遊ぶ方法

2017/01/18

ある日唐突にPS2のソフトが遊びたくなりました。

テレビがないため諦めようとしましたが、余ってるディスプレイを利用できないか調べたところ、ぴったりな製品を見つけました。

昔はもっと敷居が高かったと記憶していたのに拍子抜けするくらいに手軽に出来てしまったので、方法をご紹介いたします。

今回導入したPS2 to HDMIがとてもオススメですよ。

スポンサーリンク

立ちはだかる壁

まず始めにPCディスプレイでPS2を遊ぼうとした時に最初に躓くポイントをを紹介してみよう。

接続する端子がPCモニター側にない

PS2が対応してる端子は下記の通りです。

  • AV端子(赤・白・黄色)
  • S端子
  • コンポーネント端子(青・赤・緑)
  • D端子
  • ※iLink端子(一部機種のみ)

上記の端子に標準対してるPCモニターを探すとなると実は大変だったりします。

最近では直接端子を刺せるディスプレイはほとんどなく、仮に見つけても中古がほとんどかと思われます。かと言ってPS2のためだけにテレビ買うのも気が進みませんね。

アップコンバーターが必要

では、繋ぐ端子がないなら「変換アダプタで繋げばばいいじゃないか」と思う人もいるでしょうが、半分正解です。

確かに変換アダプタは存在はしているものの、ただ変換するだけでは正しく写してくれないためアップコンバーターと呼ばれる機械を利用する必要があります。

ただ、このアップコンバーターと言う製品はお値段がほどほど(5000円前後から1万オーバーなど)にするのと、実際に買っても相性問題など実際のプレイに遅延が発生することも多く、希望通りのクォリティにならないことも多々あるようです。

しかもかなりマイナーな機器なので製品レビューも見つかりにくい傾向があるので手が出しづらかったものです。

格安だけど購入前に仕様の確認忘れずに

そして、この度見つけた「PS2 to HDMI」という製品は上記にあげた問題点を見事パスしている優れているところになります。

名前にある通り出力端子はHDMIケーブルなので、比較的最近のPCモニターなら搭載されてることも多く、本体価格も2000円前後からと格安なので、万が一うまく動作しなくても精神的ダメージを少なくできます(;´∀`)

ただし、購入前にPCモニター側の仕様の確認を忘れないようにしましょう。

この製品はPCモニター側の映像入力が480i・480p・576iに対応している必要があります。

利用してるPCモニターや購入予定のモニターの仕様欄書かれてることが多いので調べてみましょう。対応していないと買っても使えませんが、仕様上対応してても使えるかは保証できないので購入・利用について自己判断に委ねざるを得ません。

大人の約束でお願いいたしますね。

接続準備と接続方法

PS2 to HDMI 画面表示設定

PS2 to HDMIを利用する場合、事前にPS2側の設定を変更する必要があります。

PS2のホーム画面からシステム設定→コンポーネント映像出力でY Cb/Pb Cr/Prに変更します。

RGBのままだとモニターはうんともすんとも言いませんよ。

PS2 to HDMI 接続方法

準備ができたらパッケージの裏側の表示通り接続するだけです。

PS2 to HDMI 接続サンプル

接続例はこちら。注意点として付属のmicroUSBケーブルで電源を取る必要があるので、PS2本体のUSB端子に繋ぎます。なお、PS2側のUSB端子に接続が難しい場合(例:端子の故障など)は、外部の電源アダプタでも給電されるようです。

前述のPS2側の設定とPCモニター側の規格が対応していればこの通り・・・

PS2 to HDMI 起動テスト

Good!これで遊べますね。

テレビがない場合のPS2側の設定方法

事前にPS2側で画面の表示設定が必要ですが、そもそもテレビがないから変更できないという人もいるでしょう(はい)

その際は下記の操作で設定を変更できるかもしれないのでお試しください。

モニターとPS2 to HDMIを接続する

ディスクを入れずPS2の電源をオン(メニュー画面が表示の状態)

下ボタン1回

◯ボタン

下ボタン3回

◯ボタン

右ボタン

◯ボタン

×ボタン(メニュー画面に戻る)

これでモニターに画面が移れば成功です。

使用感

PS2 to HDMI SO3 セーブ画面

画質の参考に、以降は画面から30cmくらいの距離をiPhone6で撮ってみました。

これはスターオーシャン3のセーブ画面。当時、主人公の名前をなんとなくひらがなにしていた黒歴史が晒されました。ふぇぇ。

PS2 to HDMI SO3 プレイ画面

ゲーム中の画面。テクスチャとかの表現はやっぱりモヤっとするね。単純にフルHDnoモニターに繋いでるので引き伸ばしにあってると思われます。うちのモニターの場合ってことで。

PS2 to HDMI SO3 プレイ画面移動中

ゲーム内で移動中の画面をiPhone6の連射で撮影したもの。モニター側の応答速度(うちのは5ms)とかも影響されるから一概には言えないけど、やはり崩れるか。

個人的には映る時点で両手上げて喜んでるから問題ないけど。

PS2 to HDMI 音声出力

音声についてはHDMIから流せるので、スピーカー付きモニターならそのまま流せるし、PS2 to HDMI本体にもイヤホンジャックが搭載されてるので、手持ちのイヤホン・ヘッドホンで楽しんでもいいでしょう。

まとめ

最近のフルHD画質に目が慣れてしまってるからボヤッと感は否めないけど、モニターからある程度距離をおけばプレイには何ら支障はないね。

画質を妥協できる人には申し分ないよ。いい買い物ができましたとさ。

スターオーシャン3の戦闘いとをかし

-ガジェット, ゲーム