いとをかし

みつけた「をかし」=「興味深い」モノを書き留める個人ブログ。自称・鉛筆彫刻家

アプリ

iPhone用Twitterアプリ「Tweetbot」に飽きた人には「feather」がオススメ

2016/01/15

tweet-change

Twitter歴も気づけば6年目。思えば遠いところまで来ました。

基本的にMacから見ないんでiPhoneのTwitterアプリで見てます。

使い始めた直後はアプリを入れては削除を繰り返して、男心にグッとくるようなアプリを探したものです。

そんな中で見つけたのが「Tweetbot」でした。あまりにも完成度高くて数年同じアプリを使ってたけど、なんか刺激が欲しいなぁ・・というか少し飽きてきたので、久しぶりにアプリ探しを始めたところかなり良さげなアプリが見つかりました。

その名も「feather」です。

スポンサーリンク

当初は即削除候補の筆頭

購入当初はTweetbotで当たり前にできたことができなかった機能が多く、disって削除するとこでしたが・・完全に私自身が操作を理解していないだけでした。

慣れた今としてTweetbotと同じか、それ以上の機能がある事に気付いてからはたいそう気にいってしまったようだ。

とりあえず、アイコンのお羽さんにごめんなさいしておきます。めんごめんご。

そんな訳で気に入った機能を紹介しよう。

投稿画面の機能は完全に上位

Feather 投稿画面

まず一目惚れしたのがTweetbotには無い投稿画面の豊富なツールバーです。

地味に使いたい時がある半角カナ曲名入力をアプリを切り替えないでできるんですね。

feather ツールバー編集

画面がごちゃごちゃするのが苦手な人については、ツールバーの編集画面で無しにすることもできるので全く問題はないでしょう。

さらに、地味にありがたいのがツイートの新規作成ボタンが画面の下部にあるので、右利き左利き問わずとても押しやすい配置になっている点ですね。

feather ツイートボタン

押しやすい位置でもデザインが悪いと、タイムライン全体の視認性を悪くするのでバランスが難しいはず。いい感じの場所に設置されてて好感触ですね。

タブバーに検索単語を表示できる

Tweetbotでも画面の一番下に固定して表示さらるタブは編集可能ですが、featherではさらに保存した検索単語をタブバーに追加することができるぞ。

Feather タブ編集

例えば、ブロガーなら自分の記事のエゴサーチもするでしょうからタブに設置したり、アニメや映画ドラマなどのTwitterで盛り上がる実況をする時にタイムラインが追っかけやすくするのにタブを用意するのもいい。俺物語とか俺物語とか。

プロフィール画像のサイズ指定が柔軟

Tweetbotではプロフィール画像のサイズ変更はなく角丸か円の変更のみ、タイムライン上のサムネイル画像は「大・小・なし」の三種類。

それでfeatherではどうかというと、プロフィール画像については無段階で変更できるので完全に好みのサイズを指定できます。

feather プロフィール画像

最大サイズと最小サイズ。最小サイズはアイコン無しになるようだ。

ちなみにタイムラインで流れるサムネイル画像については「自動・大・小・なし」の4種類が選べるが、自動にした場合は大・小の画像が混在したタイムラインになるので少し見づらくなる印象です。

そんなわけで私は「小」を指定してます。

仕方ないけど「Favstar」は無い

汁が飛び散りそうなくらい褒めまくりではあるけど、当然featherにもない機能はある。

feather favstar

一番分かりやすいのはお気に入りやリツイートされた件数を手軽に確認できるFavsterが無いことです。

ご存知でない方向けに・・・Tweetbotの「プロフィール」タブをダブルタップすると表示されるやつですよ?

Twitterに流した自分の記事のシェアされた具合を手軽に確認できるから個人的に重宝してました。これは諦めるしかないですねぇ。

まとめ

以前から販売されてたアプリのようで、使ったこともある人も多いかもしれないけど、今この時にこれだけの完成度に至った状態のアプリに出会えたことはラッキーでした。

まだiPad版・Mac版はないようなので、今後に期待したいと思うよ。ぜひぜひにー!

目指せ6万ツイートいとをかし

-アプリ