いとをかし

みつけた「をかし」=「興味深い」モノを書き留める個人ブログ。自称・鉛筆彫刻家

Mac環境 ガジェット

Amazonの出荷準備中でキャンセルできない時の最終手段でキャンセルできた

2016/01/21

amazonの注文をキャンセル

先日レビューした左手デバイスなる製品は当初Amazonで予約していましたが、ヨドバシカメラのポイント還元を考慮して発売日当日に買い替えをすることにしました。

しかし、Amazon側ではすでに出荷準備中だったこともあり返答は「キャンセル不可」とのこと。仕方ないと諦めかけた時に、Amazonさんから最終手段のご提案がありました。

指示通り実行したところ、この記事執筆当日にAmazonより会計処理が完了した旨をご連絡いただいたので紹介します。これは知らんかった・・。

スポンサーリンク

方法はずばり「受け取り拒否」

返品リクエストしたあとのAmazonからの回答メールをさらに読み進めると、続きにはこんな一文がありました。

商品が不要の場合は、商品配達時に受取拒否をしていただくか、以下のURLから商品を返品してください

引用元:ご注文のキャンセルリクエストについて

受け取りを拒否すれば代金を払わずにキャンセルできる・・?

以前、注文ミスのため受け取り後の返品キャンセルを実施したことはあるが、その際の送料は当然発払いにだった。だけど、この文からだと受け取り拒否にすると返送料の負担さえ回避ができるように見受けられるけど間違ってないのか・・・?

少し不安はあるものの、この文を信じて待つこと翌日。配達に来られた◯の方に「不要になったので受け取り拒否でお願いいたします」と伝え、そのままお引取り頂きました。

他には特に聞かれれることもなかったので、受け取りのサインもせずそのまま対応終了しております。

支払い方法によって返金方法が違う

今回の対応を時系列にまとめると下記のようになりました。

8/7キャンセルリクエストするも不可

8/8受け取り拒否

8/13Amazonから返金処理が完了した旨のメールを受信

実際にメールには返送料の類の表記も請求もないので一安心ですね。

ちなみに今回はクレジットカード+Amazonギフトカードで支払いをしましたが、返金タイミングについてカスタマーの方に相談したところ、Amazonギフトカードの返金処理は1〜3日ほどかかり、クレジットカードの返金については利用中のカード会社によって変わるため明確な日数は分かりかねる様子でした。

注意したいのがクレジットカード以外の支払い方法で支払い済みの場合です。この場合は処理開始より1〜3日経過後に全額Amazonギフトカードとして返金になります。

さいごに・・

少し手間ではありますが、今後も利用は続けるサイトなのでひとつ賢くなり、さらにヨドバシポイントもGETできたのでいい体験でした。配送業者の方の手間を掛けてしまうことにもなりますので、いざって時の最終手段として覚えておきましょう。

ありがとう、Amazon。愛してるぜ。

-Mac環境, ガジェット