いとをかし

みつけた「をかし」=「興味深い」モノを書き留める個人ブログ。自称・鉛筆彫刻家

ダイエット 料理 語り

カレー大好きマンが二ヶ月で10kgのダイエットに成功したお話 #七ブ侍

2016/02/04

カレー

ぼく、ぎゅうさん。カレーだぁいすき(ハァト)

どこぞのクマみたいな感じではじめましたが、わたくし当ブログの管理人ぎゅうと申します。

七ブ侍ロゴ

この度#七ブ侍という企画の中の人(@mwwx)からお声かけいただいたので参加させていただきました。今日だけの単発でっせ。

実は担当の日を一週間ほど間違えたので今は割と必死です。

そんな素振りを微塵も感じさせないまま今回お届けするのは、個人的な2015年のハイライトとなった二ヶ月で10kgのダイエットに成功したお話になります。

スポンサーリンク

軽くデブ紹介

年齢は30代前半で親が日本×ブラジル他含む(インドも混じってるらしい)クォーターになります。

好きな食べものは、寝ても覚めてもカレー。

過去に一週間毎食カレーみたいなことやったことがあります。

長らくの乱れた食生活がたたり、健康診断的には肥満と呼ばれる体質です(脂肪以外の数値はすべてA判定っていうのが謎い)

特技は「おいしそうに食べる」ことです。

減量方法は至ってシンプルゆえに継続する

ダイエット野菜生活

期間は10月5日から11月末まで(中途半端なのは体調不良で寝込んでたため)と定めました。

デブ原因は人それぞれあるとは思いますが、絶対不変で万人に大して共通なのは食生活の乱れと言って間違いないでしょう。

デブというのは「健康的な食生活」というモノサシが長年のデブアスリート生活のせいでぶっ壊れているので、そもそも「健康的な食生活」ってやつがさっぱり分からない。

だから、今回ダイエットを始めるにあたって仕入れた情報で健康的な食生活と呼ばれるものを継続的にやることで、徐々に感覚が改善されていくことを期待しました。

ただ、いきなり100%徹底は失敗する気がしたので(甘え)まずは習慣化させることにしましたよ。

実施した施策は細かいところも入れると書ききれないので、まとめるとこんな感じですかね。

食生活の改善

一部を箇条書きにしてみる。10月は週間化が最優先だったのでルールは曖昧だった部分もありましたが、11月は厳守しました。

  • 1日3食を決まった時間に摂る
  • 夕・晩飯は1汁2菜
  • 晩ごはんは遅くとも19時まで。以降は水分のみ摂取
  • 空腹で気分が悪くなるのを回避するため早寝。遅くとも12時就寝
  • 飲み物は水・お茶・コーヒー(無糖)
  • 寿司・ラーメン・パスタ・そば・パン禁止
  • 一口30回噛む
  • ご飯を食べる前に野菜を先に食べる
  • 食べても腹八分目(だいたい6〜7分目で抑えてた)
  • 食後は横にならない

などなど。今思えば当たり前ですけどね。

間食・お酒

10月はウイスキー週1(以前は週2、3)くらい。間食は15時〜17時の間のみOKルールで週1〜2くらい。

11月からは間食とお酒を一切無しにしました。本当にゼロです。

外食

10月は1汁2菜が摂れる定食屋以外の外食はしてません。

11月は外食ほとんど無しで、コンビニでは惣菜やごはんにかけるものと飲み物以外は買ってません。

運動

ほとんどしてません。やっても10月に不定期でプールのウォーキング1時間ほどやっていたくらいでしょうか。

涙のお別れ・・カレー封印・・

カレーセット

分かってはいましたが、僕の体の二割はカレーでできてると思います。文字通りに。

ということで11月はカレーを1食も食べませんでした。物心ついたころから1週間以上空けてカレー食べなかったことがないくらいのカレー好きには、下記のおにぎりダイエット期間中の最大の壁だったとは・・ね。

期間中に2回ほどカレーを食べてる夢を見ましたが、その一つはココイチでアルバイトしてたというありさま。気苦労はお察し頂けるかと。

おにぎりダイエットとファスティング

11月からは巷で話題のおにぎりダイエットをはじめました。つんく氏が始めて話題になったやつですね。

要約すると・・・「一日2〜3合の冷やしたごはんと野菜・味噌汁メインの食事を2〜3週間続け、その間は肉・魚・粉物・間食は摂らない」というものです。

細かいルールがあるのでしっかり内容を理解したうえで実行する必要はありますが、何より「白米を満足できるレベルで食べることができる」というのは継続するのに強力に貢献してくれましたね。

おにぎりダイエット食事例1

こんな食事や・・

おにぎりダイエット食事例2

こんな食事ですね。ほとんど自炊してたことで料理も覚えました。

3週間のおにぎりダイエット明けからは、更に追い込むためそのまま3日間のファスティングをしました。

ファスティングは言ってみれば断食なんですが、全く何も摂らないわけではなく酵素ドリンクなるものとミネラルウォーターで乗り切るといいみたいですね。

ファスティング用スムージー

たまたま同居人がこの手のを飲んでたので、これで乗り切りました。マンゴー味が飲みやすかった。

水や牛乳を加えて混ぜるだけ。簡単グリーンスムージー

おにぎりダイエットからインターバルなくそのまま始めたので体調不良にならないか心配しましたが、ファスティング期間特有の体調不良(好転反応)も重たくなく無事乗り切りました。

最終的には11月だけで6kg減10月から二ヶ月で合計10kg減となりました。

いまだかつてない減量で服のサイズも一回り小さくなるという嬉しい悲鳴もあり、経過も良好でリバウンドもとくに起きていないので大成功と言ってもいいんじゃないかな。うん。

デブはアスリートみたいなもん

今回減量するまで全然気づかなかったんですが、デブというのは女性の「美」と同じく自分で作っていくものだなぁと。

デブの人がデブ体型を維持するには、デブではない人からすると「頭おかしいんじゃねぇの?」と思われるくらいの食事量や食生活をしていないと到底出来ないんです。

いい大人が自宅カレーだと大盛り2杯がデフォなんてしないでしょ?

そう、デブになれるためのことを継続的に、そして長期間続けていくことができる人だけがなれるんですね。

ではそんなデブアスリートがトレーニングを止めたらどうなるかと言えば、筋肉と同じでそりゃ体重も減りますよ。

今回実行したのがまさにそれで、至極まっとうな食生活になるように食生活を見直しただけだったのでした。

やっぱ普通が一番やね。

まとめ

吉田カレーのキーマ

スタート時点で明確なゴールを立てて愚直に実行できる素晴らしい人もいますが、長年の経験から自分には向いてないことははっきり分かってました。

それもあって今回は直感でいいものを取り入れて続けるやり方にしましたが、想像以上に効果を実感できましたね。

今回特に思ったのは、ダイエットに限れば自分にあったやり方は存在するのは間違いないと思います。それを身を持って体験できたことは、私の人生にとっても今後大きくプラスになるんじゃないかなと期待もしてます。

最後に具体的な数値を残して終わりにしたいと思います。

94.6kg→84.5kg ※身長176cm

まだまだデブだけど、停滞期や食べることへの罪悪感含めて恐いものはあんまり無いのだ。

-ダイエット, 料理, 語り