いとをかし

みつけた「をかし」=「興味深い」モノを書き留める個人ブログ。自称・鉛筆彫刻家

Mac環境 ガジェット

プレゼントキャンペーンで当選した「サンディスク・コネクト・ワイヤレスメディアドライブ32GB」が届いたので遊ぶぜ

thumbnail.jpg

今年は運がいい・・!

少し前にプレゼントキャンペーンで「謎の箱」が当選して喜んでましたが、実は立て続けに他のプレゼントキャンペーンにも当選してました。

今回はのプレゼントはメモリーカードやPCの周辺機器メーカーで有名なSanDiskさんからで、「サンディスク コネクト ワイヤレスメディアドライブ32GB」という製品になります。

正直なところ「貰えるのなら貰っておけ」精神で応募したので、この製品の機能や仕様はさっぱりわかっていません。ゴメンヨ..

賞品も無事到着したところで遊んでみることにしました。事前情報ゼロでの開封レビューにぜひお付き合いくださいませ。いざ参る!!

スポンサーリンク

開封とセットアップ

まずパッケージを見てみましょう。この製品仕様を簡単にまとめると・・

  • 32GB(実際の利用可能領域は30.2GBほど)の保存領域を内蔵したワイヤレスストレージ
  • SD・SDHC・SDXCカード利用可能(サンディスク製SDXCカードは128GBまで動作確認)
  • windows/Mac/Android/iPhone/Kindle fireで利用可能(専用アプリを利用)
  • 写真・動画・音楽・ドキュメント・電話帳データを保存可能
  • 最大8台までの端末とwi-fi接続(HD動画の再生は最大5台まで)が可能
  • 接続はwi-fi(802.11 b/g/n)とUSB2.0に対応

こういう特徴のある製品です。

同梱品は本体・microUSBケーブル・電源アダプタ・クイックスタートガイドになります。ちなみに保証は購入より二年間です。

USBケーブルを接続し充電開始。電源接続時の満充電時間は3時間(PCでのUSB接続による充電はさらに時間がかかる)、連続稼働時間は8時間になります。

利用時に限り電源を入れる使い方が無難そうだ。

wi-fi接続時の注意

スタートアップガイドにもしっかり書かれてましたが、メディアドライブとのwi-fi接続について注意が必要なポイントがありました。念のため確認しておきましょう。

wi-fi接続時のパスワードについて

Android・iPhone・kindle fireなどのポータブル端末は、メディアドライブとwi-fiで接続します。

ただ初期設定ではwi-fi接続にはパスワードは不要です。設定されていないんですね。

そのため、もしアプリを持ってる人がwi-fiネットワーク内に入ると簡単に接続できてしまいます。使う環境やファイルが限定されていればリスクは低いでしょうが、心配な人もいるよね。

その際はアプリ起動後のトップページ左下の「設定」→「管理者ログイン」(初期パスワードは「admin」)→Topページに移動後、「wi-fi設定」にてパスワードを設定することができます。

自動接続設定後について

メディアドライブと接続中も自宅や職場などにあるwi-fi環境に接続することができます。

アプリの「設定」→「インターネット接続」から任意のネットワークへ接続がで可能です。

ただし、この状態では先ほど設定したメディアドライブとのwi-fi接続用パスワードが無効化されてるため、パスワードの入力なくメディアドライブ内のファイルへアクセスできるので注意ください。

wi-fi接続時のメディアドライブへの保存速度

この手のメディアドライブで気になるのがやはり保存速度でしょう。メディアドライブにwi-fi接続でファイルを保存する際の速度を計測してみました。

ちなみに、保存したファイルは下記環境で撮影したものです。

  • 写真ファイル:iPhone6の標準カメラで撮影したHDRオンの画像30枚(39MB)
  • 動画ファイル:iPhone6の標準カメラで撮影した3分の動画(60fps/595MB)

結果

  • 写真ファイル:15秒ほど
  • 動画ファイル:4分45秒ほど

出先での利用を想定している製品だと思いますが、アップロード時にwi-fi接続時に動画の保存は現実的ではないですね。

やはり容量の少ないテキストのアップロードがメインの使い方になるのでしょう。

ただ、保存したファイルのストリーミング再生についてはストレスがないので、音楽・動画の再生専用機としての利用は非常に優秀な印象です。

パッケージにも書かれていますが、車での旅行時に複数人の暇つぶしなんて使い方はまさにピッタリですね。

利用してみての感想を箇条書き

セットアップをしていて気付いたポイントをさらっと箇条書きにしてみます。

グッドなポイント

  • デザインがかっこいい。
  • 本体サイズがコンパクトで携帯性が高い。
  • 動画のストリーミング再生がスムーズ。
  • 容量多い上にメモリーカードで最大128GBも増やせる。

改善して欲しいポイント

  • 大手メーカーの宿命なので理解はしますが、アプリアイコンが致命的にダサい・・。
  • アプリがiPhone6用に最適化されてないので、テキストが全体的に大きい。
  • 他製品との比較はできてないものの、wi-fi接続でのファイルの保存が遅い。

まとめ

現在、iCloud(20GB)、OneDrive(1TB)にDropBoxとクラウドサービスをフル稼働中のため、僕自身は物理ストレージに保存する必要のある使い方は見いだせませんでした。

ただ、PCでバックアップを取っていない人や、あまり触ることは無いけど写真・動画ファイルのファイル置き場を用意したい層など使い方がハマる人はいるでしょう。

ちなみに僕は離れて暮らす家族に渡すことにしました。動画ばかり撮っててiPhoneの保存領域に困ってたからちょうどいいし。

購入の際はこの記事も参考にしてみてくださいませ。

サンディスク様、プレゼントをありがとうございました!今後のご活躍も期待しております♪

公式HP→サンディスク | フラッシュメモリーストレージソリューションのグローバルリーダー

-Mac環境, ガジェット